O-157など細菌にご注意下さい!

 Google+

 

近年急増しているO-157による食中毒には、水や食品を介して感染します。

大腸菌のほとんどは無害ですが、なかには下痢を起こすものがあり「病原性大腸菌」と呼ばれています。病原性大腸菌には4種あり、うち腸管出血性大腸菌はベロ毒素というものを出して、溶血性尿毒症症候群や脳症(けいれんや意識障害)を起こします。O157は、この腸管出血性大腸菌の代表的な細菌です。

 

>>詳細ページへ

ノロウィルスや細菌などにご注意下さい!

 Google+

 

近年急増しているノロウイルスによる胃腸炎には、食品を介して感染する

場合(食中毒)と食品を介さず人から人に感染する場合(感染性胃腸炎)がありますが、どちらも冬季に急増することが特徴です。ノロウイルスは少ない量で感染するため、食中毒予防のためには食材の充分な加熱と共に、手や器具を介した2次汚染の防止が重要となります。

また、感染性胃腸炎の場合は、発症者の嘔吐物や糞便から大量に排出されたウイルスが周辺環境や手に付着し、食事の際や手が口に触れた際にウイルスが口から侵入して感染を引き起こします。

>>詳細ページへ

PCO作業をしています

飲食店様では、衛生管理が大切です。

ネズミ・ゴキブリなどの害虫が発生しないように

常日頃から、管理します。

今日は、居酒屋さんでの作業です。

 

 

>>詳細ページへ

P.C.O(ペストコントロールオペレーター)とは?

ペストとは英語で「不快なもの」を意味し、ペストコントロールオペレーターは、これを制御する有害生物除去技術者(もしくは業者)を指します。

私たち(有)イーリードは、不快なゴキブリや細菌の怖いネズミ、恐ろしい病気やダニなど、住まいの周りに生息する様々な不快な生き物を防除・予防いたします。

 

 

 

>>詳細ページへ